--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/02 (Tue) 介護の歌

  
    

     介護にかかわるようになってから
     自分の老後がとても不安になった。
     私はどんな風に年老いて行くんだろう
     その時まで心身ともに元気でいられたら、
     どんなに幸せだろう・・・
     と願わずにはいられない。
   

   
     ずいぶん前に『誰も知らないOOOO』という番組で
     こんな歌が紹介されていた。
  

   .........................................................

      

       「手紙」~親愛なる子供たちへ~

  
  年老いた私がある日 今までの私と違っていたとしても
  どうかそのままの私の事を理解してほしい
  私が服の上に食べ物をこぼしたとしても
  靴ひもを結び忘れたとしても
  あなたに色んな事を教えたように見守って欲しい

  あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
  その結末をどうかさえぎらずにうなずいてほしい
  あなたにせがまれて繰り返し呼んだ絵本のあたたかな結末は
  いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

  悲しい事ではないんだ 
  消え去ってゆくように見える私の心へと
  励ましのまなざしを向けて欲しい

  楽しいひと時に 私が思わず下着をぬらしてしまったり
  お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
  あなたを追いまわし 何度も着替えさせたり
  様々な理由をつけて嫌がるあなたとお風呂に入った懐かしい日のことを

  悲しい事ではないんだ
  旅立ちの前の準備をしてる私に
  祝福の祈りを捧げて欲しい

  いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
  足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったら
  あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
  よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

  私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
  あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
  私を理解して支えてくれる心だけは持っていて欲しい

  きっとそれだけでそれだけで
  私は勇気がわいてくるのです
  
  あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
  私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

  あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
  あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

  私の子供たちへ
  愛する子供たちへ
  

     ................................................

     
     お互いに「その気持ち」は持ってるんだよ・・・
     その気持ちを長くもち続ける事って
     どんなに優しい人でも難しい事だと思うんだ・・・
  
     いろいろな意味で
     何とも表し難い気持ちになった歌でした。



仕事 | trackback(0) | comment(9) |


<<梅雨 | TOP | 脱皮>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

徐々に近ずきつつある我が身にはいろいろ感じられ深く考えさせられる歌ですね。このようなことを私は家族に言えるかしら?  この歌を書いた人はきっと幸せな人なんだろうね。タブン??????








2009/06/03 22:35 | とらりん [ 編集 ]


じ~ん・・ 

ほんと、、

子供を育てる時は心いっぱい、からだいっぱい
精一杯愛したよねぇ

でも彼らはそれを覚えていないだろうねぇ・・

もちろん見返りを期待してはいないけど
この『手紙』を読んでくれたら少しは
思い出してくれるかなぁ

むずかしいねぇ (..)

2009/06/03 22:38 | おっぽ [ 編集 ]


 

ほんとに考えさせられる事だよね・・・

2009/06/04 08:00 | klingel [ 編集 ]


 

その時に近づきつつある自分の人生と
目の前に迫っている親の問題・・・

『その気持ち』は持ってるつもりでも
立場が逆になると自分の都合のいい方に
思っちゃう。。。
難しいですね

修行が足りません 

自分の名前を忘れてました^^;

2009/06/04 21:17 | 深いね。。。 [ 編集 ]


 

私が悩んで落ち込んで実家に帰ったとき、帰りがけに母が書いて渡してくれた一枚の手紙++++++
そこに書いてあった山村暮鳥の詩

 一生とはこんなに短いものだろうか
これでよいのか だがそれだから
命は貴いのであろう・・・

83歳の母だからこそ今の私にはいっそうズシンと胸深くしみた。帰りの車は++++++
一日一日を大事にせねば!  <ネ>

2009/06/05 20:25 | とらりん [ 編集 ]


 

 涙出てきますね。。。。
まだ未熟な私には、この深い詩にコメントは
つけられません。。。。うう

2009/06/06 15:15 | 幸ママ [ 編集 ]


深いね。。。さん 

ほんと難しいよね・・・
きれいごとでは済まない介護・・・
共倒れにならないようにお互いに考えないとだよね

..............

それにしても名前をお忘れとは。
ククク・・・
お忙しそうで、poohsan ^^;



2009/06/07 21:38 | klingel [ 編集 ]


とらりんさん 

素敵なお母さんだね ^^

83歳にして仕事を持ち、
家にいる暇もないくらい飛び回ってるとらりんのお母さん。
そのエネルギーはどこからくるのかなぁ~

短い人生、
どう生きるかによって変わってくるよね・・・

出来る出来ないは別として、
努力するって大事だよね。

2009/06/07 21:50 | klingel [ 編集 ]


子育て真っ最中の幸ママさん 

無償の愛で子供を育てた・・・

だから、この詩に書かれたようには息子には言えないです。
あと何十年も経ち、私が介護を必要になった時に
どんな風に思うのかは分からないけど。

介護ってきれい事では済まないよね・・・
その思いは大切にし、
共倒れにならないように良く考えないとね。

取りあえず幸ママさんは子育て頑張ってね^^

2009/06/07 22:03 | klingel [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mariakringel.blog102.fc2.com/tb.php/380-d7185f1a

| TOP |

プロフィール

maria*klingel

Author:maria*klingel
 *最近の私は・・・

ヨガとウォーキングで
ロコモ対策・・・

ベルと韓国語で
頭の体操・・・

友達とのおしゃべりで
ストレス解消・・・

すっかり老後を見据えての
生活に奮闘する
介護福祉士でやんした^^

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。